心理カウンセラーの話を聴いてきました。 - 院長ブログ

院長ブログ

2016年8月 1日 心理カウンセラーの話を聴いてきました。

先日 心理カウンセラーの講演会に行ってきました。日本メンタルヘルス協会の代表 衛藤信之先生という方の お話でした。
私たちの職業も患者さんの話を聴くことから始まります。どのようなスタンスで聴くのか。人の話を聴くという行為がなかなか奥が深いのです。相手が話したいと思う雰囲気作りから 何でも話していいんだと思って 色々と話してくれるところまで 聴いていきます。
患者さんはもちろん、スタッフや家族、友人、また自身に関わる多くの人の話を聴く。
しっかりと聴くことで 次の答えが見えてくるのです。
また、自分の考えを相手に伝えることも大切です。講演会の中で衛藤先生が お話していたことは、アイ メッセージ という ある行動が私に与える影響をどう感じるか だそうです。
例をあげると Aさんが、大音量で音楽を聴いていると 横にいる私は集中して本が読めないんだ 
です。 うるさいからボリュームを下げてと相手にお願いをするのではなく、私が困ってることを相手に伝えるメッセージだそうです。
詳しくは衛藤先生の著書を読んでいただくことが早いと思いますが、講演内容はとても興味深く 涙腺んも緩みっぱなしでした。
心理学って面白いですね。 私ももっと勉強して研鑽を重ねていきます。

月別アーカイブ