在宅訪問歯科で知っておきたい基礎知識 - 院長ブログ

院長ブログ

2019年4月24日 在宅訪問歯科で知っておきたい基礎知識

歯の治療が必要になるタイミングは、基本的に他の体の部位の状態とは関係がありません。足に障害があったり高齢で腰が悪かったりするために、歯科医院まで行けないケースも少なくありません。歯科医院に行けないまま放置していると、歯の状態は悪くなっていく一方です。食事が難しくなるだけでなく、健康面にいろいろな悪影響が生じることになるでしょう。そのような事態に陥る前に、在宅歯科(訪問歯科)を利用して解決することを検討したほうが良いです。


そう聞かされても、在宅歯科がどういう歯科なのか分からない人もいるでしょう。簡単にいうと訪問歯科のことであり、患者のもとに歯科医や歯科衛生士がやってきて診療を実施してくれます。自宅だけでなく、介護施設などに訪れるケースを含めて定義している場合もあります。歯の治療はもちろんですが、治療が必要になる前のケアや治療後のリハビリなどを行うことも多いです。


身体的に問題がない人でも、メンタル面の問題などによって通院が困難であると判断して利用するケースも珍しくありません。しかし自己判断で誰でも手軽に利用できるわけではないで注意してください。基本的には自宅などで療養をする必要があるレベルの人が対象になります。


今後高齢化が進むにあたって利用者が増加していくのは間違いありません。政府もそれを認識しており、在宅医療の一環として強化していく動きを見せています。医療制度を改革していくうえでも重視されることが増えてきました。歯科医院が単独で取り組むのではなく、地域を包括するようなシステムをつくっていくことを目指しています。利用を申し込みたい場合は、かかりつけの歯科医に電話などで相談すると良いでしょう。また歯科医師会に問い合わせるという方法もあります。すでに自宅などで看護を受けているなら、ケアマネージャーを通じて依頼するのも一つの手です。


訪問してもらう日時が決まったら、それに向けて準備を行う必要があります。保険証などを用意するだけでなく、現状について確認しておくことが大切です。療養している立場であるなら、薬を日常的に服用しているケースが多いでしょう。歯の治療などに影響する可能性があるので、薬の種類などを報告するために整理しておく必要があります。現在の持病や過去に患っていた病気の名称などと一緒にメモをしておくと良いです。設備のそろった歯科医院ではないため、スムーズに診療を進められるように協力する気持ちを持たなければなりません。

月別アーカイブ