院長ブログ

2018年7月20日 バイオフィルムと予防歯科

歯の汚れは、プラークとも呼ばれる歯垢に歯石などがあります。バイオフィルムも歯垢や歯石と同じ汚れの一つで、歯の周辺に付着する細菌の塊です。


付着したまま放置しておくと、塊のなかで歯垢が増殖し虫歯の原因になるので早めに落とさなければいけません。初期の段階なら、ブラッシングで綺麗に取り除くことも可能です。


しかし歯の表面に膜を張り塊がこびりついてしまうと、ブラッシングでは除去することはできません。付着した初期の段階で落とすのが好ましいですが、塊になってしまったらクリニックで機械を使わなければ除去できなくなります。


虫歯の原因となるバイオフィルムやプラークなどを取り除き、いつまでも健康な歯を保つためにも予防歯科で定期検診を受けましょう。予防歯科では、スケーラーと呼ばれる機械を使ってバイオフィルムは落とすのが一般的です。


塊となり付着していても綺麗に除去できるので、非常に効果の高い方法といえるでしょう。またPMTCと呼ばれる方法を使うこともあり、この場合もスケーラーと同様の効果を見込むことが可能です。どちらの方法でもブラッシングでは難しい塊も綺麗になるので、定期検診で綺麗にクリーニングすることは大切です。


定期検診では歯の汚れを取り除くだけでなく、虫歯や歯周病などの病気も早期に発見しすることもできます。病気は早めに発見すればするほど治療しやすくなるので、歯の健康を守るためにも定期検診はおすすめです。


予防歯科でバイオフィルムを除去できても、普段の生活から注意をしておかなければすぐに再び発生します。歯の健康を守っていくためには、日頃の生活習慣から見直しておきましょう。


まず絶対にしておきたいのは、毎日のブラッシングです。毎食後必ずブラッシングをして食べかすを口の中に残さないようにしておけば、それだけで予防になります。


また食事をするときには、しっかりと噛んで食べることが大切です。口の中に入った食べ物をしっかりと噛むことにより、唾液が分泌され細菌の繁殖を抑えることができます唾液は歯垢が付きにくくなる効果もあるので、食べるときは意識的に噛むようにしましょう。


毎日丁寧にブラッシングをしている人でも、歯垢や歯石はこびりつき清潔な状態ではありません。バイオフィルムも同じように毎日のブラッシングだけでは予防しきれないので、生活習慣を見直す一方予防歯科にも通い、定期検診を受けて専門医に状態を確認してもらいましょう。

月別アーカイブ