歯磨きだけで取り切れない汚れとは? - 院長ブログ

院長ブログ

2019年7月31日 歯磨きだけで取り切れない汚れとは?

biofilm.jpg

●バイオフィルムって知っていますか?

こんにちは。伊勢崎の歯科 みやこ歯科医院です。今回は一般の方にはあまり知られていない大切なことをご紹介します。

歯の健康は全身の健康にとっても重要という考え方も昨今注目されています。いつまでも元気に健康でいるためにも、歯を健康に保つことはとても大切です。しかし、毎日歯磨きしていても、歯磨きだけでは取りきれない汚れがあります。

その汚れは毎日の食事や生活の中でだんだんと蓄積してくるため、定期的に歯医者さんで取ってもらうということが不可欠です。そのような汚れはバイオフィルムと言われ、歯の表面にくっついた白っぽくてネバネバした状態のものを言います。このバイオフィルムはむし歯や歯周病の原因となる細菌の塊で、歯にへばりついてブラッシングしても取れにくいのです。

毎日のブラッシングで気を付けていても取りきれない磨き残しや汚れは歯医者さんで専用の器具を用いてキレイに除去してもらうことができます。このような汚れを放置していると、虫歯や歯周病の原因になってしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

●むし歯より怖い! 歯周病との関係

歯周病の原因になる歯周病菌などはバイオフィルムのぬるぬるした膜の中で繁殖しています。このようなバイオフィルムを完全に対処していくためには、歯医者に行って医師や歯科衛生士などの専門家のクリーニングを受けるようにします。

PMTCというクリーニングを行ってもらうことで、歯石や歯垢を器械的な方法で除去してもらうことができるのです。そして、このPMTCは数か月に一度くらいの頻度(人にもよりますが、半年に1回だとちょっと感覚が空きすぎかなと思います)で受けることが推奨されます。

biofilm2.jpg

歯周病は気が付かない間に進行し、歯がぐらぐらしてしまっている状態では、歯をもとの状態に戻していくことは困難なのです。その理由は歯を支えている土台になっている骨が、歯周病菌の出す毒素によって溶けてしまい、歯の吸収が進んでしまうからです。

骨が溶けた状態では元の状態に戻すことが不可能になってしまいます。だから、そのような状態にならないための対策をとることが必要になります。また歯医者さんで歯周病を治療する時には歯のクリーニングが不可欠です。

歯がぐらぐらとしている状態では、歯周病菌が身体の中で増えており、そこから体中に最近の毒素が運ばれると言われています。そのことで、歯ではない部分に不調が出ることもあります。ぐらついている歯を抜歯したら体の不調が改善したという人もおり、毎日のブラッシングでは取りきれないバイオフィルムをきちんと取り除き、歯周病菌を増やさないようにするという予防的な考え方がとても重要なのです。

●まとめ

定期的に歯医者さんに通うべき理由の1つとして、バイオフィルムを専門的に取り除くことです。バイオフィルムは毎日の歯磨きだけでは取りきれないため、きちんと歯科医院で取り除いてもらい、将来のむし歯や歯周病になるリスクを少なくしていきましょう。

月別アーカイブ