院長ブログ

2019年12月25日 バネの見えない入れ歯(ノンクラスプ義歯)

20191225 (1).jpg
歯周病や虫歯で歯を失った場合は入れ歯になります。昔の入れ歯は外れやすく噛みにくいというマイナスのイメージがありましたが、現在の入れ歯は進化しています。

目立ちにくい入れ歯が登場したことで、ネガティブなイメージは薄れつつあります。目立ちにくい入れ歯の代表がノンクラスプ義歯です。ノンクラスプ義歯は金属のバネがない入れ歯になります。

入れ歯が目立つ理由のひとつが金属のバネです。金属のバネが見えると、入れ歯を入れていることが他人にわかってしまいます。入れ歯に金属が使われていると、金蔵アレルギーの人は使えなくなります。金属の止め具がない入れ歯であれば金属アレルギーの心配がないので、安心して使うことができます。

ノンクラスプ義歯には多くのメリットがあります。

薄くて軽いのが特徴で、1日中快適に過ごすことが可能です。しなやかな入れ歯なので、口腔内の安定も守ることができます。ノンクラスプ義歯は薄くて軽い入れ歯ですが、非常に丈夫です。ノンクラスプ義歯には様々な種類があり、それぞれ柔らかさや軽さ、精度などに特徴があります。歯茎や残っている歯にかかる負担が少ないです。従来の入れ歯の材料と接着するため、修理や補修ができます。

現在では多くの歯科クリニックで使われています。国内でも10万以上作製されている代表的なノンクラスプ義歯です。ナイロン系の素材で製造されているので仕上がりが薄くて軽く、重量は保険の義歯の半分くらいになります。

弾力性の高い素材を使っているので、丈夫で装着感がよく金属アレルギーの人でも安心して使えます。吸水性がないため、変色も変形もしにくく臭いもほとんどつかないです。使用されている素材は柔らかく、落としても壊れにくいという特徴を持ちます。

さて、このようにメリットが多いですが、デメリットもあります。柔らかくて噛む力を歯茎に伝えにくいです。表面に傷がつきにくく、やや変色もしやすい傾向にあります。日ごろからのメンテナンスが大切になります。歯科クリニックの中には海外で作製するクリニックもありますが、国内で作製するクリニックもあります。

作製と使用については事前にしっかり相談して、いいものをいっしょに作っていきましょう。

月別アーカイブ