群馬県伊勢崎市 みやこ歯科

ここが保険治療と違う! オールセラミック冠

どうしてオールセラミックを選ぶ人が多いのか?

陶器で生成されているため白くて美しい様子は元来の歯と見分けがつかない程の審美性を持ち合わせているので、笑顔になった時はもちろん高い頻度で露出する前歯の治療にも適しています。

また、オールセラミックはその名の通り全てがセラミックで構成されているので、従来のような金属素材は一切無い事から金属アレルギーを持っている方の歯科治療でも使われます。

そして、審美歯科の中でも身近で近年では身だしなみとして受ける方も多いのがホワイトニングですがお茶やワイン、コーヒーといった食物による着色汚れは除去できるものの、加齢による黄ばみは白くさせられないので年齢が要因の黄ばみを対処する時にもオールセラミックが採用されます。

しかも、その見た目とは裏腹に耐久性も高い事から生活を送っている際のふとした瞬間に欠けてしまったり、割れるといった心配が無いのも心理的な負担が減らせる点で頼もしいです。

治療は銀歯などとは違い保険適用外になり治療費は高めになるものの、あえてオールセラミックを選ぶ方が後を絶たないのは、たとえ割高になったとしても上回る程のリターンが得られるためです。

オールセラミックは実はお得って、本当?

各歯科医院により提示されている価格が異なるものの、相場としては一般的に1本あたりおよそ15万円前後です。また部位によっても価格差があり、診察時に歯科医師とのカウンセリングを行うことが大切です。

カウンセリングの際にはオールセラミックの中でもどういった種類を選定するのかといったことや、素材などを主に予算を元にして絞り込んでいくことになるので、事前に自身の中で譲れないポイントを明瞭にしておくとスムーズです。

オールセラミックの綺麗さと長持ちの秘密

これまでも清潔感がある同様の治療方法は存在していたものの、オールセラミックが一線を画しているのは太陽光などが当たった時、本来の歯のように光を透過させられるためです。

透明感が醸し出せる事により清潔感が尚一層高まるのに加え違和感が無いので、外部から見た時に明らかに人工的な義歯を入れているという印象にはなりません。

そのように透過性に乏しいのはプラスチック製の義歯が代表的なのですが、プラスチック製だと違和感が強いだけではなく着色汚れが沈着しやすい上に、傷が入りやすいので歯磨きなど日頃の何気ない行動により少しずつ傷を与えてしまい、傷に色素が入り込む事でより一層除去し難くなるといった悪循環が生じます。

一方、オールセラミックはこすり傷に強いですし表面に強い光沢があるので、コーヒーなどを嗜むのが好きな方でも自身の唾液により洗い流せる程である上に、長年口内で使い続けたとしても黄色く変色することがありません。

当然金属アレルギーにより身体に変調やショック症状が生じたり、歯ぐきが黒ずんでしまうという代償を負う必要性は皆無です。