群馬県伊勢崎市 みやこ歯科

食事療法だけでは防げない!? 歯周病と糖尿病の関係

歯磨き時の出血・口臭、歯肉が腫れたりしていたら…

小さい頃から歯を磨く習慣をつけることが大事だと言われるのは、しっかり食べ物をかみ砕いて消化を良くするだけでなく、見た目も美しい状態にすることが社会人としてのマナーになっているからです。

そのためほとんどの人が毎日歯を磨いたり、食事の後に口腔ケアをすることが当然になっています。ただ、丁寧に磨いているつもりでも、歯の表面にはプラークという物質が付着しがちです。磨き残しの歯垢に細菌が付着して繁殖し、簡単に磨いたり洗口剤を使っただけでは取り除くことが難しくなります。

プラークが付着したままになってしまうと、歯周病になってしまいます。歯周病には様々な症状がありますが、ブラッシングをしていると出血したり、口臭がきつくなる、歯肉が下がったり腫れたりするという状態になります。

さらにひどくなると、歯そのものが溶けてしまったり、抜けやすくなるという状態になるので、歯周病を改善することが大事だといわれています。ただ日本では40歳以上の年齢になると半数以上が罹患しているとデータであらわれていて、気になる症状が出ていないので気付いていない人も少なくありません。

糖尿病の人は歯周病にかかっている確率が2倍も!

昨今では、歯周病と糖尿病には密接な関係があることも指摘されています。糖尿病とは血中の糖度が高くなり、生活習慣病を引き起こしたり、命に係わるような病気を誘発することがあるとわかっています。最悪の場合には高血糖が続いて免疫力が低下したり、手や足先に痛みやしびれがでる、目が見えなくなるということがあります。

そのような症状が出やすい糖尿病は、歯周病になりやすいこと傾向が高いことがわかっています。糖尿病でない人と比べて、罹患率が2倍をこえており、罹患をすると重症化しやすくなります。糖尿病になると血糖コントロールができなくなるので、歯茎の血管が傷みやすくなり、歯周炎にかかりやすくなって歯がぐらついたり抜けやすくなる症状を加速させてしまいます。

歯周病が糖尿病を治りにくくする仕組みとは

また歯茎では炎症性物質が作り出されますが、それらが血液に含まれる血糖をコントロールするためのインスリンの効果を妨げる働きがあるため、糖尿病の治療をしていても効果が出にくくなることがあります。インスリンの効果がないと、糖尿病が悪化してしまうことが考えられます。

このように二つの病気は密接にかかわっていて、併発することで両方の病気をさらに悪化させることがわかっています。歯周病を改善するためには、歯の表面や歯周ポケットにひそんでいるプラークを取り除くことが効果的ですが、自宅でブラッシングをするだけでは足りないことがあります。

定期的に歯医者さんに行って、歯の状態を確認してもらうと同時にクリーニングやフッ素加工をしてもらうと安心です。糖尿病予備軍だと言われている人はかなり多く、歯の状態から糖尿病を誘発したり悪化させる可能性があることがわかっていますから、歯の健康のためだけでなく、体全体の健康のために定期的な歯のケアが欠かせません。