バネの見えない入れ歯

下の写真は、むし歯で前歯を失ってしまった60代・女性の方のものです。

この場合、歯が抜けたところ(矢印)の両隣を削って「ブリッジ」という治療を行うのですが、両隣の歯がむし歯もなく健康なため「歯を削って被せることはしたくない」というご希望でした。そこで、入れ歯(義歯)を作ることになったのですが、試適時(ちゃんとかめるかどうかのテスト段階)に、このようになりますとお見せしました。

当初、保険治療を希望されていたのですが、保険の入れ歯は金属のバネが見えてしまいます。患者様から「金属のバネが気になるので、なんとかできますか?」ということだったので、
「バネのない入れ歯(ノンクラスプ義歯)がありますよ」とお伝えすると、
「じゃあ、それにしてください!」ということになりました。


ノンクラスプ義歯(バネの見えない入れ歯)が入ると次のようになりました。

同じ人の口の中です。先ほどの入れ歯と較べると、差が歴然としていますね。
実は、「前歯は金属が気になるので、ノンクラスプに変える」という方はたくさんいます。
金属のバネがないので他人から義歯が入っているのが、わかりにくいのです。

「義歯(入れ歯)があわない」
「金属のバネが気になる」
「できるだけぴったり合う入れ歯がほしい」
「しっかりかめるようになっておいしい食事をしたい」

という方は、院長またはスタッフまでご遠慮なくお尋ねください!

義歯の詳細情報

施術名:義歯治療
施術の説明:顎の型を採って、咬合採得して人工歯を並べて歯のかみ合わせや見た目をチェックし仕上げます。
施術の副作用(リスク):硬い物をかむと割れる可能性があります。バネのかかる歯をしっかり歯ブラシをしないとむし歯や歯周炎になるリスクがあります。
施術の価格:100,000円~500,000円