群馬県伊勢崎市 みやこ歯科

見えない部分だからこそ大切に。コア(土台)の話

被せ物の治療は「被せ物+コア」の組み合わせ

深いむし歯の治療では、被せ物を作ります。
被せ物の種類にはいくつかあり、患者様のお話を聴き、ご希望に合わせて治療を進めていきます。
このとき、被せ物と同じくらい大切なものがあります。
それは「土台(コア)」です。

深いむし歯の治療は、むし歯になっている部分を削ります。
しかし、削った歯にそのまま被せ物をすることはできないので、被せ物の土台を作ることになります。
その土台となるものが「コア」なのです。

被せるとその内部は見えませんが、大切な部分です。
家造りで言えば、基礎工事や大黒柱になります。
つまり、被せ物の治療というのは、実は「被せ物+コア」という組み合わせになっているのです。

当院で取り扱っているコアには2種類あります。
「ファイバーコア」と「メタルコア」です。
それぞれご説明いたします。



ファイバーコア(強化プラスチックの土台)

美しくきれいな白い歯になりたい方、ご自身の歯を大切にされたい方にオススメです。

従来のコアの素材と比較すると、歯根破折(歯の根っこが割れる)のリスクを減らすことができます。
また、オールセラミック冠といっしょに使用すると透明感があるより美しい歯に仕上がります。

また、金属ではないので、口腔内でのアレルギー反応もなく、体に優しい素材です。歯茎も変色しません。
※ファイバーコアは保険適用外です。保険のルール上、被せ物も自費治療のみとなります。

メタルコア(金属の土台)

一般的によく使われるコアですが、リスクもあります。
保険が適用されます。
材質には金銀パラジウムや銀合金が使用されます。
金属が歯よりも硬いため、強い力がかかると歯が割れるリスクがあるので噛む力が強い方にはオススメしません。

差し歯の歯肉の部分が黒ずんでいる人を見かけることがあります。
これは金属イオンが溶け出しているからです。
一度黒くなると、治りません。

じっくり選ぶのが重要です。

「よくわからないから、まぁ、これでいいだろう」と軽く決めてしまって後悔される方もこれまで多くいらっしゃいました。

歯の治療は、服のように試着ができません。
もしやりかえる場合は、また削らないといけないので、長い目で見て、きちんと納得してからお決めください。
わからないことはご遠慮なくお尋ねください。