群馬県伊勢崎市 みやこ歯科

これで完璧! 保存版 歯ブラシの選び方

後悔しない歯ブラシ選び

店頭でじっくりと選定して買い求めたのにも関わらず、自身の口内環境や置かれている状況に合致していなければ健やかに保つどころか逆作用になる恐れもあるので、まずは個々が実情を把握して正確な歯ブラシが選べるようにならなければなりません。

今日ではドラッグストアなどで色とりどりかつ様々な形状が販売されていて選ぶ楽しみもあるので、そうしたデザイン性やカラーリングを判断基準にしている方も少なくないのですが、外見で決める選び方は良くなくあらゆるトラブルを生じさせる起因に繋がります。

まずは毛が大事

使用者が虫歯を予防したいと考えているのなら毛は普通の硬さにするべきであり、爽快感が感じられるとして人気がある硬めは粘膜に傷をつけたり、エナメル質に無数の傷を付けてしまいます。

とは言っても柔らかすぎると表面や生え際にこびり付いているプラークを除去する事が難しいので、適度な弾力性と柔らかさを備えている普通タイプが良いです。

無数の毛が植え付けられているヘッドの部分も大小様々な大きさで販売されており、歯磨きを手間に感じている方ほど大きめを手に取り、一度に多くの面積をブラッシングしようとしますが、大きいと奥歯に入り込めないのでヘッドは小回りがきく小さな物にしてください。

毛先はいかにも歯の間に入り込みやすいように大きくカッティングされた山形などがあるものの、見た目に反してフィットさせるのは難しく歯間に入り込めない上に、表面に当たる本数も物理的に少なくなるので想像している効果は期待できません。

持ち手はどうすればいいの?

同じく見た目を大胆な形状にして効果が高そうに見えるようにしている事例として手で持つ柄があり、湾曲していたりバネ状になっている物などがありますが、柄も毛先と同様に特殊なギミックがされていないストレートでシンプルな物にすると、細かくブラッシングしやすくなり隅々まで綺麗にできます。

電動歯ブラシのポイントは?

そして近年では電動歯ブラシの性能が向上している事もあり、シェア率も増加傾向になっていて実際に使用する方の数も増えてきています。

しかも一言で電動歯ブラシと言っても音波や超音波といったようにカテゴリが細分化されており、やはり個々により正しい選び方が異なります。

最も歴史が古いのは電動歯ブラシであり円形のヘッドが物理的に回転し、本来手を動かしてブラッシングするという事を自動化させられるという物であり、近年ではヘッドが一定の動きをするのではなく複雑なリズムを刻んだり動作をする品もあり、ホワイトニングを望んでいる方に適しています。

現在は電動と音波、超音波の三種類がありその中で最も先端技術が詰め込まれて開発されたのが超音波歯ブラシであり、超音波の作用により手作業や電動では取る事ができなかったプラークをきっちりと除去可能です。

しかも超音波は本来であれば毛が入らない上に届かず磨く事が不可能な歯と歯茎の歯ぐきの間にも入り込む事ができるため、歯周病の原因菌でさえも取り除く事ができ将来的に歯が抜け落ちてしまうリスクを無くせます。