オールセラミック冠の治療

どの歯を治療したか、わかりますか?

上の写真をご覧になって、どれが治療した歯なのか、わかりますか?

このように、オールセラミック治療は仕上がりが美しく、天然の歯とほとんど見分けがつきません。

オールセラミック 臼歯ブリッジ

臼歯ブリッジ

ブリッジといって、真ん中の歯がない場合、前後の歯をつないで治す方法です。
写真のように、前後の歯を削ります。
歯型を採って、オールセラミックを作ります。

臼歯ブリッジ

上の写真はオールセラミックを歯に入れたものです。奥歯3本です。
とても綺麗に入りました。

写真で見えるいちばん下の歯は、金属を使っている被せ物です。

そのため、すり減ってくると、中の金属が写真のように見えてしまいます。
また、色も黄色くなってきます。

奥歯3本のオールセラミックは、 変色もしません。
また、金属を使っていないので(メタルフリー)、すり減っても金属が見えません。

臼歯ブリッジ

緑の矢印で示した奥歯3本が、先ほどのオールセラミックブリッジです。

手前のハイブリッド冠と比べると透明感や色、輝きが違います。

一本60,000円~(消費税別)です。

オールセラミック 臼歯単冠

銀歯の入っていた歯がむし歯になり、新たに被せ直すこととなりました。

患者様が、歯肉の黒ずまない白い歯を入れたいと希望されました。そこで、ファイバーコアとオールセラミック冠を選択しました。

臼歯ブリッジ
臼歯ブリッジ

オールセラミック 前歯ブリッジ

前歯ブリッジ

前歯の虫歯が残せないため、1本抜歯しました。

前歯ブリッジ

ブリッジの設計・歯の色を歯科技工士さんへ伝えるため、写真を撮ります。
微妙な色や前後の歯との兼ね合いを、正確に再現できます。

前歯ブリッジ

前歯3本のブリッジが入りました。

セラミック治療の詳細情報

施術名:セラミック治療
施術の説明:セラミック治療は色や形の悪い歯を治してできるだけ自然な歯に近づけます。
施術の副作用(リスク):痛み・咬合時痛・冷温水痛・抜歯する場合は腫脹や出血や神経麻痺などを生じる事があります。麻酔を行う場合、アナフィラキシーショックを生じるリスクがあります。セラミック・仮歯が欠けたり、外れる事があります。場合により歯の神経の治療をします。
施術の価格:1本あたり 60,000円~120,000円

当院での自費治療の保証について

当院で装着した自費補綴物(e-maxやジルコニア、金属床義歯など自費治療)は、3年~5年の保証があります。これは定期検診に継続して通院していて、通常の使用で補綴物が破損した場合、無償でやり直すことを意味します。


保証は、歯そのものではなく、歯に被せている人工物(補綴物、白い歯)に対するものです。したがって、次の場合やこれに類似する場合は、保証できません。虫歯が原因の場合、歯周病が原因の場合、外傷や歯根破折が原因の場合など。歯そのもののトラブルで抜歯に至る場合も保証の対象外となります。ご不明な点は、スタッフまたは院長に確認の上、治療を受けてくださるようお願い申し上げます。